freewill...

A Dialy Category

Archive

Contents

BlogPeople

 無料のブラウザFireFoxを試してみてね。もちろん日本語版もあるよ。タブブラウザは便利だよ。というかIE遅すぎ。

サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

e-mail(ちょっと細工)

2016.09.20

中禅寺湖で釣り

 今年の夏休みはシルバーウィーク前半とくっつけて9連休。なぜなら、去年は少し遅くてトラウト系が禁漁になってしまったから。ところがだ、秋雨前線と台風で全て雨予報、全て!。そんな中、1日だけあった曇り予報の15日に中禅寺湖に突撃。相模原からだと圏央道→関越→沼田IC→中禅寺湖のほうが近いと思ったのだが、東北道経由だと、宇都宮ICから中禅寺湖直前まで日光宇都宮道路っていう有料道路が走っている。地図上は下道に見えるが速度規制は80kmの高速道路だった。高速を降りたら後はいろは坂を登るだけ。なるほど、これは早い。相模原から2時間ちょっとで着いた。

 さて、着いてとりあえず朝飯だと、ナビを見ると、なに?コンビニが1件もない。観光地なのに1件も?マジカ!。といろは坂を降りる。なんてこったい。気を取り直して、釣りをしたいが意外に駐車場がないんだ。なかなか釣りにくい湖だな。ボートも手漕ぎかエンジン船しかないしな。とりあえず、駐車場に停めて、遊歩道に突入。連日の雨で水面まで降りにくい。。釣れないから対岸に移動して釣りをするもやはり釣れない。。ふと足元を見ると、オオバコが水深30cmくらいのところに生えてやがる。当たり前と言えば当たり前だけど、結構増水してやがる。ブレイクまで遠い・・・。カウントダウン10秒で底なんて水深100m以上ある湖じゃドシャローじゃないか。。ウェダーとか持ってきてないぞ・・。表水温も高い。釣れんぞこれ。。

で、雨予報にもかかわらず晴れ間が出てきたのは良いが釣れないので展望台へ。

まー、霞かかってるね。その後、もっと山側へ行こうと遊歩道を歩いていくのだが、観光客が多いな。あとで調べてみたら、英国大使館別荘が7月に公開されたそうな。もう釣れないだろうなとそうそうに諦めつつ、キープキャスティングしつつ、次回に備えて調査続行。増水してるのでいつもは入れる場所が入れなかったりしてるかもしれない。遊歩道も途中でなくなってその先はただの山道。急深になっているであろう岬までの道のりは遠い。すでに夕方だったので投げつつ撤収。

 で、駐車場に戻ってくるともう誰もいない。そして、帰りにお土産を買おうと思ったら17:00で全部終わりでどこもやってない。マジカ中禅寺湖。。そして土砂降り。天気はぎりぎり持った。神様ありがとう。

 後で調べてみると、7月くらいまではシャローにワカサギが寄ってるらしい、それを食いに来てるんだろうな。そして4月解禁時は管理釣り場の如く人だらけみたいだ。アクセスが良いってのは人が多いってことだな。そこまで人が多いとなると、やっぱりエレキをつけてボート出回りたいところだな。夏場はおそらく20m,30mまで落ちているだろうからやっぱりボートで回りたいところだな。というか人が多いところは嫌だなやっぱり。。つーか遊漁券2000円超えってたけーよ。それだけ放流してて釣れるってことなんだろうけど。なんかこう放流して4月の解禁に狩るだけ狩って1年終了ってナチュラルじゃないよなぁ。。でも渓流もバスも対して変わらんか。。海だって放流してるしな。来年は鮭でも釣りに行くか。ちなみに、中禅寺湖は放射能の影響で魚の持ち帰り不可でした。

Category:Fishing

2016.07.24

Dr.Martin モンキーブーツ

 寸志並みのボーナスで、モンキーブーツを買ってみた。

と入っても、もう1ヶ月以上経ってるんだけどね。最初はサイドゴアブーツを買おうと思ってたんだよ。ゴムだし履くのが楽だから。レッドウィングのロメオブーツとかその辺のやつ。でもなんか見てるうちの表情がなくのっぺりしてるなぁと。で色々見ててステッチが入ってるモンキーブーツのほうがいいなと。最初はDr.Martinの限定モノしかなくてうーんという感じだったんだけど、Archiveシリーズとかが出て普通に変えるようになってた。Dr.Martinソールなのでいつまで持つのかわからんが、まぁ良いんです。

 んで、履きにくいって問題。ブーツは3足あって1足は釣用のゴアテックスブーツ。こいつはフックで編み上げていくタイプなので比較的ラクなんだ、釣りに行く時にしか履かないので朝の時間はたっぷりあるし。んでももう1足はもう20年くらい前のブーツだが履くのが面倒くさくてあまり履かなかった。んでゴム化できねーかなとか横着なこと考えてたら、某韓国のショップがamazonでゴムの靴紐を出してた。その時は韓国からの発送で色々トラブったのでものは良かったんだが2回め買いたいとは思わなかった。んで最近見たところ日本のショップでも扱うようになってた。写真の靴紐もゴムのやつ。これで履きやすくなった。

 それと、前後のサイズは良いのだが、甲の部分が少し浮いててタンがゆがむので、インソールを入れた。 これ、スノボのブーツとかスポーツ用なんだが、足裏のアーチを保ってくれるので、長時間立っててもふくらはぎがパンパンにならずに済む。これを入れてると、ボートの上で1日中立って釣りをしてても余裕しゃくしゃくなのだ。今回のブーツはタウン用なのでそれほど精度のよいインソールは必要なく、ただの中敷きで良いんだが、まぁ実績のあるものってことで。

Category:”物!”

2016.07.11

Chromebook2 その2

Toshiba ChromeBook2を買ってみたで、使ったchromebook2だが、MacbookAirを買ったので全然使わなくなった。Linux専用機にしようにもcroutonしか動かずいまいち使い勝手が・・。と思っていたら、Install Ubuntu on the Toshiba Chromebook 2 in 5 Stepsこちらに、BIOSの書き換えからLinuxブートする方法が載っていたのでやってみよう。文鎮化するかもしれんが、どうせ浮いてるんだし。Let's Go。ちなみにToshibaのChromebook2は2種類あるらしい。俺のはSwankyってやつだ。デバッグモードで起動するブート画面に書いてあった。

 まず、Step1はバックアップ。大したデータは入ってないので、別に消えてもいいんだがな。。リカバリUSBは他のPCでもできるのか。ならとりあえず、いいや。次。

 Step2はデベロッパーモードをOnするのね。ESCキーとRefreshキーを押しながらPowerOn。そして、Ctrl+Dでキャンセルして、デベロッパーモードへ以降。でPowerOffと。

 Step3は、バックパネルを外す。でもって、シールドパネルを外して、ショートしてるランドのなんかネバネバしたものを剥がす。なるほど、これでライトプロテクトしてるのね。で、ショートしないようにビニールテープかなんかで絶縁した上で、シールドパネルを戻す。撮り損ねてると嫌だから、バックパネルのネジ止めはやめておこう。。はい次。

 Step4は、BIOSのインストールか。普通にChromeOSまで起動して、CTRL+ALT+Tでcroshを開いて、shellって打つ。すると、デベロッパーモードのシェルが立ち上がる。タブをもう一つ開いて、BIOSのあるページのJohn’s websiteに行って、コマンドをコピーする。と。↓これだね。

cd; rm -f flash_chromebook_rom.sh; curl -O https://johnlewis.ie/flash_chromebook_rom.sh; sudo -E bash flash_chromebook_rom.sh

で、Swankyってやつは、RW_LEGACYと、BOOT_STUBの2つが使えるので、BOOT_STUBの方が高機能らしいのでこっちをチョイス。

でなんだ?

INPUT REQUIRED: About to flash your swanky;s BOOT_STUB sot, repeat
'If this bricks my swanky, on my head be it!' observing exact case
and puntuation:

'If this bricks my swanky, on my head be it!'と打てってか?。了解了解。打ちますよ打ちますよ。で、エンターを押すと。お?、成功したって出た。再起動。

変わった。さてと、いつも通り、OpenSuseをインストールしましょう。ん?これって32bitなのか?64bitなのか?N2840ってCPUらしいが・・普通に64bitっぽいな。openSUSE-13.2-DVD-x86_64.isoを取ってきてDVDを作る。バッファローのDVDをさしたら認識したので。

だー、だめだ。タッチパッドがきかねー。しかもやはりでかい!。というわけで、安直にGalliumOSをチョイス。Chromebook向けだからこれの方が安定してそう。流行りの金属系の名前だね。

完成!。素晴らしい。スリープもTouchもサウンドも全部聞くぜ。しかも6GBくらいで治ってる。まだ11GB空いてるぜ。。

Category:Other

2016.07.08

久々の残業は辛い

 昨今日本では、人手不足だ、長時間労働だと言われているだが、ここ数年以上毎日定時帰りで毎月1円単位で給料が一緒。という状態が続いていた。まぁ、頑張っても昇給するわけでもなく、成果給も得られないのでやってもしょうがない。無駄なことにエネルギーを趣味だけであるはずなので、狙ってやっていた部分もある。そうやってのらりくらりと避けてきたのだが、突然、「あと2ヶ月でこれを完成させなければならない!。が、まだ何もできてない。」というわけのわからないプロジェクトに参加させられてしまった。

 直前まで残業0だったのに、いきなり22:00?ん?25:00?というわけのわからない世界へ足を踏み入れてしまったわけだ。昔々はそんなこともやっていたので、普通に耐えられる気がしてたのだが、2ヶ月近くになるとかなり辛い。。。まず、普段は定時に帰ると、FXのチャートを見ながら「今日は無理かな?」とか、19:00のニュースを見て、「バカじゃねー?」とかつぶやいて、お風呂はいって、さぁNYタイムのスタートだ。と、サラリーマンから趣味の世界へと旅立つわけだ。FXは趣味なのか?という話は置いておいてだ。そして、週末は雇用統計がなければロンドン勢も週末だしねと、早く寝て釣りにゴー、なわけですよ。そういう仕事の場合は自分で自分で自分をマネージメントなので、今日は帰ろっと。と時間も自由自在だ、何せ日程にさえ間に合えばいいのだから。気分が乗らなければ16:00で帰ったり、一気にやりたい時は19:00くらいまでいたりと自分の都合で動けるのでストレスも対してかからない。さらに釣りにいってアウトドアで釣りをして気分さっぱりー、な感じなわけ。

それが、2ヶ月短期決戦なんていうプロジェクトだと、人のしきりだし、スケジュール通りにどうのこうのではなく、ひたすらやるだけ。ストレスたまりまくり。22:00に終わって、家に帰ると23:00ですよ。ご飯食べて、チャートを見て、今日はいけそう?とか思ってお風呂入って出てくると・・おや?ロンドンFIX終わってんじゃん・・・。さらに土曜日の朝起きることもできず、アウトドアーな生活もなくストレスを発散するところがない!!。そうして2ヶ月経つ頃には、胃が痛い・・・。いやそれでも残業30時間くらいなんだけどね。でも辛い。終了から1週間ちょっとでようやく体力が回復してきた(まだちょっとひきづってるけど)。

 こういう状況って、慣れの問題もあるのだろうが、やっぱり長時間労働って体を蝕むんだなぁと思ったよ。もっと精神的に楽な仕事の仕方をするべきだな。スケジュールを立て、細かいPDCAを繰り返していけば、初期計画からそれほどずれることはないと思うんだけどなぁ。。最初から残業代欲しさに1日12時間計算で見積もりしているんじゃないかとすら思うよ。やめようよそんな仕事の仕方。僕らなんて所詮、搾取されてる労働者よ?そんなに会社に貢献したって対した報酬を得られるわけじゃないんだし。ほどほどの労働力を提供すりゃいいんだよ。

 そんなわけで、技術力があっても給料は上がらんし、キッツイ仕事を押し付けられるしと、いいことないよ?。自分の利益のためにだけ勉強し、自分の利益にならないところで発揮するのはやめたほうがいいね。無駄だから。

Category:Other

2016.05.07

やる気が・・

 なんとなく全体的にモチベーションが落ちてる。仕事ももう給料上がらんので頑張ってもしょうがないし、釣りも行きたいんだけど、山中湖も河口湖もデスレイクと化しているしなぁ。音楽もクラシックギターを触ってはいるのだが、琴線に触れる新たなCDにも出会ってないので、なんか演奏意欲というかそういうものが刺激されない。スノボはもともと冬だけだったが、寒いのが苦手なので一度遠のくと腰が重い。。話を聞くと行きたいとは思うのだが・・。唯一本などを買いあさっていろいろやっているのは、どうにもうまくいかないFXくらいか。これは厄年近辺の傾向なのだろうか?体力が落ちてるというわけでもないんだけどなぁ。自転車を買ったせいか、車の走行距離もめっきり落ちてる。まぁ買い物もスーパーくらいだしね。その他の買い物はamazonでポチッ、になってしまったし。実際にみたいというのはないことはないんだが、ネットショップに比べて数10分の1の在庫の中から見て探して買うのと、圧倒的な商品数のなから写真だけで買うのではむしろ後者の方が有利な気がしてる。

 日本1億総活躍社会とはいえ、そもそも日本が縮小傾向で物価だけが上がり、我々の世代は給料も頭打ち、相変わらずどんよりな感じでしょ。景気がいいのはアメリカだけという状況で、現状では結局利上げもほんのちょっとできれば良い方。中国に引っ張られて景気のよかったオーストラリアも絶不調。EUは難民流入で風前の灯火、金利はマイナスだわ英国は脱退するとか言っているし、良いのはドイツだけ?ドイツすら難民に食いつぶされそうな勢いだけどな。結局、好景気って知らないんだよね。中学生から高校生のころ景気がよかったっぽいので、親が好景気の恩恵の恩恵を受けているので、一番よかったのは中高生の頃。年齢が上がるにつれどんどん暗雲が立ち込めて、未だ雲の中って感じなんだが・・・日本の大多数はどう感じているのだろうか。バブル世代は脳みそお花畑なので未だにアッパラパーなのかな?、若者は「絶望の国の幸福な若者達」のように、そもそも好景気も知らないし上向きの日本を知らないので別に「幸福です。」って感じなんだろうか・・。老人は金もあるし、今は年金もあるし悠々自適なんだろうか。

 こういう社会情勢だと、さぁ頑張ろう!、というよりも、「エネルギーをかけただけリターンがあるのか?」というコストパフォーマンスを重視するようになるのはある意味当たり前な気がする。上昇する流れに乗って経済的合理性から外れた行動をとるわけではなく、停滞し横ばいだからこそ、上に下にと自由に考え揺れ動く、その中の一つとして合理的か?と考える小さな潮流が生まれるのはある意味自然であるように思える。個人的には停滞し、多様な社会になるのは望ましいのだが、日本のメディアや政治家は、経済成長!、少子化対策!、インフレ!、GDP600兆円みたいな昭和な感じが色濃く残る。IMFも日本は失われた30年確定!みたいな予想を出しているわけだし、経済成長やインフレを目指さずに、ガラパゴス経済圏、ガラパゴス社会を目指す方が良いんじゃなかろうか。鎖国してチョンマゲ結って、原油を使わずに活動するってできないものかね。今の安倍政権って、このままではゆでガエルになってしまうと必死で出れない鍋の壁にしがみついて吸盤がボロボロになってどうしよう・・・。って感じがする。鍋の中で楽しく暮らす方法を考えたらいいんじゃないか?。その結果がカルネアデスの板であっても。

Category:Other